簿記2級合格は、起業したい人にもおすすめ

簿記2級合格は、起業したい人にもおすすめ

簿記2級は、基本的に企業のような営利団体等の中で発揮するべき知識であり、スキルです。
だからこそ、企業はこれまで長い間、簿記2級資格を持つ応募者を高く評価してきました。

というわけで、簿記2級試験は会社員等のためにある資格といってもよいでしょう。経理の勤務を希望する層をはじめ、たくさんの転職者や就職活動者がこぞって受けるのもうなずけます。

しかし最近は、従来の常識にとらわれない時代になりつつあります。事業者や起業家といった層が受ける様子も、ごく当たり前のものとなっているのです。
出来立ての会社の場合、創業者は何でもひとりでこなさないといけません。経理社員をいきなり雇う余裕がないことのほうが多いわけです。

最近は、経理業務を全面的に委託するサービスもありますが、それには報酬がかかりますね。それに経営者であれば、社の収支状況を正確に把握できる能力を持っているに越したことはありません

簿記2級は、就職先を求めている層以外の間でも、じゅうぶんに有意義な資格だというわけです。

※すぐに企業をする気がない人や、まずはどこかの会社に入りたいと思っている人でも、将来的には自分の会社や店等を持ちたいとイメージしていることはけっこうあるでしょう。
 簿記2級の資格は、生涯を通じて役に立つ機会がめぐってくるということになりますね。


>>2ヶ月で簿記試験を合格できるのはこの通信だけ


関連記事

  1. 簿記2級に合格後、どこに就職したらいい結果に? 
  2. 簿記2級に合格後、1級は受ける? 受けない? 
  3. 簿記2級合格を狙う際、3級は受ける? 受けない?