簿記2級に合格後、どこに就職したらいい結果に?

簿記2級の取得は、今も昔も変わらずおおぜいの人に推奨されています。

最近は資格ブームも少しトーンダウンしており、「ただ資格を取っただけでは意味がない」なんてよく言われる時代ですね。しかしそんな風潮にもかかわらず、日商簿記2級については取得をすすめる意見がいまだに目立ちます。

・経理業務

簿記2級の資格の独壇場といってもいいくらい、ご利益がある職種が「経理」ですね。

経理は、企業社会においてなくてはならない部門です。その経理の仕事をするにあたって簿記2級は非常に有効です。当然、就職試験でも有力な武器となってくれます。

最近は、簿記業務を専門にオフショアやアウトソーシングの形式で請け負うタイプの事業者も出てきており、そのような職場に就職して働くという手もあります。

また、いきなり正社員で就職するのが難しくても、紹介予定派遣のような方法を使って、正社員になることを目指しながら働くという手も増えています。

・財務~経営関係のスキルがあったほうが望ましい部門

これはとてもあいまいですが、簿記の技能は企業の財政事情を正確に把握する上で効果抜群です。企業内のどんな部門に就職して働くにしても、昇進して大きな役割を背負うことになれば、経営関係のスキルを正しく保持し、直近の勤め先の経営状態を素早く正確に認識することはとても有意義でしょう。 簿記2級が、いつまでたっても人気資格であり続けており、企業社会(特に人事部や総務部等)からあなどられない理由は、以上のようなポイントがあるからでしょう。簿記2級は、大半の社会人にとって、就職を超えて意味のある資格なのです。