簿記で、次の級を目指すなら? 勉強法は変える? 変えない?

日商簿記の試験は、級で分けられています。2級と3級は、受験者が昔から多いため一般知名度が高い試験となっています。

受験者・合格者が多いため一般企業社会でも、簿記といえば2級合格者か3級合格者をイメージするのが普通となっています。もっとも3級だけでは、評価に値するとみなす人事担当者はめったにいないのですが。

しかし中には1級を目指す受験者もいます(1級に受かっていれば、やはり2級と比べても企業からの評価がいくぶん、上がります……決定的な差があるというほどではないようですが)。

というわけで簿記の志望者の中には、「3級を受けて合格してから2級を受ける」または「2級合格後に1級を目指す」というケースがけっこうあります。これはいわば「ステップアップ」でしょう。順に取り組んでいくのは、落ち着いて学力を深めるという意味では実際に大いに有効ですね。

しかし3級→2級→1級と駆け上がっていくにあたって、勉強に際して誤解すべきではない点があります。それは一度慣れた勉強法を変える必要はないということ。

特に通信講座等で、勉強法・合格法を教えてもらいながら合格したのであれば、新たな級にチャレンジするときにそれまでと同じ勉強法を引き続き使ったほうが無難です。

・順応している勉強法をそのまま続けられるほうが、効率が下がらない

特に2級、1級と前進するにつれて、勉強内容の難易度は確実に増していきます。

それなのに勉強法を変更してしまうのでは、時間が少なからず犠牲になります。

まず、新しい簿記講座のやり方に適応する時間を設けないといけませんから。

これはもちろん、その簿記通信講座が自身にとって役に立つことが前提です。受講してはみたものの、勉強上の効果がさっぱりだったのであれば、当然変えたほうがいいでしょう。

・トータルの受講料が安くなるチャンスがある

3級と2級の場合なら特に、ワンセットにしている通信講座会社はたくさんある模様です。

3級を受ける前に、いきなり2級まで勉強するコースを契約してしまうのは少し怖いかもしれませんが、3級だけでストップしてしまうのはかなりもったいないこと。

3級だけでは、履歴書・職務経歴書に書いたところであまりご利益は期待できません。

3級と2級を別々に申し込むときよりも安くなる上に、最短で半年から8ヶ月くらいで2種類の級にスムーズに合格できるチャンスが生まれるのですから、セットの受講は悪いものではありません。