簿記2級で、合格に向けてまっすぐ進む法・最新リスト

簿記2級で、合格に向けてまっすぐ進む法・最新リスト

簿記2級合格に向けて、これらの情報を初心者が真似すると後悔しません


簿記2級の試験は、昔も今も変わらないステイタスがある資格試験ですね。

簿記2級に合格するとキャリアが広がりやすくなりますし、試験合格のための方法論も確立されています。

このサイトでは、その最新の動向を交えて解説をしていきたいと考えています。

簿記
(日商)簿記2級は、難易度も手ごろなら、世間からの評価も手ごろでちょうどいいバランスの試験です。

これが日商以外の簿記では、あまり世間でのステイタスがありませんから、受けてもあまりいいことがないでしょう。

日商簿記でも、3級や4級だけしか取得しないのでは、簡単すぎるというイメージがありますし評価されるチャンスも持てません。

かといって、簿記1級となるとやたらに難易度が上がります。
もちろん評価は高いですが、受かるまでに時間も資金もとられてしまいます。

その点日商簿記2級は、履歴書等に記載するだけで相応のインパクトが見込めますし、そんなに長時間、資金をつぎ込んで勉強しなくても合格できるチャンスを持てます。

実際にその合格するためのテクを、この全ページ使って今からお教えしてしまうのですが! 


2ページから3ページまでは、ときどき伝わってくる試験の難しさと、その真相に迫って、合格のための策を見出したいと思います。

4ページでは、簿記2級の試験問題に関して全範囲を一気にまとめておきたいと思います。

5ページから6ページまでは、試験合格に必要な時間や、スケジュールについて、世間での噂から実際的な話までをまとめて説明したいと思います。

7ページから8ページまでは、簿記2級試験にこれから立ち向かう受験者にぜひ取り入れてほしい勉強方法について解説したいと思います。

9ページから11ページまでは、簿記2級試験に合格するにあたって避けて通れない、教材や情報に関して、平均的な受験者におすすめできるアドバイスをまとめたいと思います。

12ページから16ページまでは、簿記2級の受験勉強をどうやって成り立たせればいいのか、そしてそれを助けてくれるシステム等について解説したいと思います。



日商簿記2級試験は、3級や4級までとはうってかわってハードルが高くなります。

残念なことに、実際に簿記2級では不充分な勉強しかできていないために、試験に行っても不合格になるか、あるいは試験までにドロップアウトしてしまうといった失敗例が驚くほど頻発しています。

しかしその分、合格後に得られるものも大きくなるわけですね。

どうか、このサイトの情報をよくチェックして、誤りのない勉強方法を真似するようにしてください。


>>NEXT「簿記2級は「難しい」とよくつぶやかれますが、その真相は?」



>>2ヶ月で簿記試験を合格できるのはこの通信だけ